2017年。
もうすでに私の感覚だと
今この瞬間が「未来」。
 
もちろん明日、1年後、10年後も未来だけど、そうではなくてすでに未来を生きている感覚。
 
ドラえもんはまだまだ出てこないけど
スマホ1つあれば何でもできてしまう時代になり
大半の人がデジタルの中で生きている状態。
 
そして、もう感じている人も多いだろうけど
戦う相手は身近な人、そういうライバルではなく
もっと言えば芸能人の不倫などでもない。
 
そう、戦う相手はすでに人工知能になってくるわけです。
 
 
競馬のコンテンツに関わっている身として
とても悲しいことですが、競馬というのはかなり前から
他のジャンルと比較してもデジタル化していますし
少なくとも最低限、パーセンテージの計算であったり
そんなことはできる人が多くないといけない。
 
多くないと、というより100人いたら100人それができることが
前提じゃないと本来はおかしいのがギャンブルの世界。
 
ギャンブルというのは精神と頭脳の戦いだからです。
 
しかし、実際問題この10年の活動の中で
「正気なのだろうか?」というレベルの人が
100人に2~3人はいてしまうのが現実。
 
例えば1000円使って1500円戻ったときの
回収率の計算ができない人も珍しくない。
10回中5回当たった場合の的中率、割合、この計算が
本当にできない人も多いし、教えてもできない人もいる。
 
それが現実。
 
こういう人は発信する側にはなれないし
経営であったりも不可能。
それだけではなく、例えば自分の給料を時給換算もできない。
自分の働きに対しての対価の計算もできないわけです。
 
日本という世界的にも進んだ位置にいる国であっても
そういう人たちを多く抱えているわけです。
 
 
さて、今後は人工知能との戦いです。
大半の仕事、仕事以外もロボットが人間の代理を、
代理というレベルではなく果てしなく上のレベルで
再現していく時代になっています。
 
恐らく、これから近年で戦う相手は
「常に100%を発揮できる人工知能」
 
これに対抗できる人というのは
「120%を狙える人間」でしょう。
 
人間同士、人間と動物もそうですが
心の部分であったり「ひらめき」の部分を
磨いている人、その上で技術や知識を持っている人は
120%のちからを出せるはずです。
 
10戦9敗の戦いを人工知能としたとしても
1勝の120%の結果がトータルで上回ることは可能ですし
そもそも人工知能を作るのは人間なのですから
初期段階では勝負になるでしょう。
 
これから・・・10年、長くて20年までかな。
 
まずここを勝てる自信がある人や、これから戦い続ける
姿勢がある人間だけが対応できる世界になるでしょう。
 
その次の世界は人工知能が作った人工知能という
太刀打ちできない存在が出てくるはず。
 
 
その時を考えて、、、「それに勝ちたいねぇ」と
ワクワクできる人が生き残れるんじゃないかな?
なんてことを思う今日このごろ。
 
で、ワクワクできるタイプの人間達が
今自分の周りに多くいるはず。
そこでまたワクワクするわけです。
 
Diaryの関連記事
  • ほころびてる傷を埋めるのは 僕が僕で在り続けるため
  • うわさのキッス
  • 前田日明復帰?
  • 税金の自由化なんてどうだろう?
  • 飲む輸血を飲みながら
  • セクハラになるもならぬも本人次第

この記事が気に入ったら
フォローしよう

競馬FB

おすすめの記事
ありがとうございます。
Diary
再生数2000を超えておりました。皆様ご視聴ありがとうございます。何となくですが、ネット分野の人間としてそれをメインで活動している立場だけに...
日本代表U23 見事・・・優勝!
Diary
日本代表U23 見事・・・優勝!! 韓国との決勝戦は2-0で敗戦ムードの漂う中 ここまでもドラマを起こし続けてきた日本代表が 怒涛の追い上げ...
矢部美穂さんと対談
ビジネス
カンパニータンク 2014年7月号(国際情報マネジメント有限会社 発行)での起業家としての対談記事で、矢部美穂さんがインタビュアーとして(株...
美水素水 be suisosui
Diary
こんにちは、竹内です。自分が関わっているウォータビバレッジの方で「美水素水」という名前の水素水を取り扱うことになりました。元々僕はミネラルウ...
塩ミノ
Diary
若い頃はカルビやロースが好きでしたが、今ではめっきり塩系が中心。 特にここ数年は塩ミノにハマってしまい、何なら塩ミノと白メシだけで十分という...
下品だったね
Diary
個人的には安保には賛成。ただ、その説明不足とか順を追って作らずに比較的雑にやった政府は下品だなぁと思いました。もちろん、同時に野党の女性議員...
説明の無い悪口は気にする必要がない
Diary
ネットでビジネスをしていれば、いや、SNSをしているだけでも悪口を言われる時代。 もちろんネットだけではなくリアル社会でも同じことなんですけ...