SANADAから真田聖也へ?

海野翔太と内藤哲也の前哨戦、まずは内藤哲也がKO状態に追い込まれる結末となりましたが...それよりも何よりも試合で負けたのがSANADAという事実。

これで成田にも海野にも短期間で直接負けをしている状態です。
TV王座トーナメントの時はよくわからない世代交代宣言を突きつけられてよくわからないそれを受け止めるという流れになったSANADA選手ですが、いよいよこれは厳しい立場になってきました。

流石に試合後にコメントを出したSANADA選手ですが「積み上げたものを一度捨てて」というような言葉でしたので、本気でそろそろL・I・Jを出るなどのアクションが近ずいてきたのではないでしょうか。

「新日ちゃん」で鷹木選手とSANADA選手で新年会を行っているときのトークの仕方などは真田聖也に戻りつつあったように見えましたし、その番組内でも今年の重要性と他ユニットへの興味なども隠していなかっただけに。

その番組内で鷹木信悟選手もL・I・Jを出ることはそのうちくるであろうというスタンスでしたし、また鷹木選手が言うように「L・I・Jは内藤哲也がいる限りなくならないと思うけど」と言っていましたよね。

確かにL・I・Jというユニットの人気はありますが、結局のところ「制御不能な男」は「内藤哲也」であって、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンというのはほぼイコールで内藤哲也を指す言葉でもありますからね。

鷹木信悟選手がIWGPを取れなければL・I・Jから離れることはあるでしょうし、SANADA選手に関しては例えばG1やNJCで同門対決を全て制しての優勝からのIWGP戴冠ぐらいまでなければ離れるんじゃないですかねぇ...

Twitter