拳王先生

プロレスファンの中で色々な意味で大好評だった拳王チャンネルの内藤哲也年表ですが、ついに後編がアップされました。

ついにというかすぐでしたけど、試合まで日数が無いですからね(笑)

今回も目をキラキラさせた拳王選手が内藤哲也選手の歴史を解説していくわけですが、現役プロレスラーがプロレス少年を行ったり来たりしながら楽しそうに語っている姿は見ていても楽しいですし、聞いていても当然楽しいですね~。

考えてみると内藤哲也選手もプロレス少年モードの時は目がキラキラしていますし、やはり内藤哲也&拳王は似ているところがあるのでしょう。

一部ファン同士がSNSで暴言を吐いていたりしますが(正直L・I・Jファンの方が多い印象)ただね、交流戦じゃなくて対抗戦なんだからそれは仕方ないとも思います。

だって僕らの世代でも仮に90年代にSNSという環境があれば・・・今の比ではないレベルの誹謗中傷をしていたと思いますよ(笑)

誹謗中傷じゃないにしても「前田が泣いてるぞー!」でリプが埋まるとか想像はつきますよ。

ただ!ただ、プロレスという世界でファンが自分の好きな選手の相手を口撃した時、可能性としてその口撃した相手が自分の好きな選手と将来組む場合もあるよってことは想像しておいた方がいいと思うんです。

今拳王選手に暴言を吐いている内藤哲也選手のファン(その逆も)試合後に握手、もしかしたら認めあって組むなんてことになった場合にリプやツイートを削除してそれで良しみたいなことじゃないですからね。

それにね、自分が好きな選手と敵が戦う構図の時にファンがやることは好きな選手の応援ですよ。
相手の選手への暴言じゃないんですよ。

そして自分の好きな選手が言っているから自分も言おうってのは間違いです。

内藤哲也選手が拳王選手へ向けて言う言葉
拳王選手が内藤哲也選手へ向けて言う言葉

これは「ファンも同じスタンスで言っていい」わけじゃないですからね。

内藤哲也選手のファンは内藤哲也ではないです。
拳王選手のファンは拳王選手ではないです。

憧れてなりきりたい気持ちはわかりますが、あなたの好きな憧れているレスラーは努力してプロレスラーとなったからそういうことを言える立場になっているわけです。

その人を好きなだけで同じ発言権を持てるなんて思ったら、その自分が好きなレスラーに失礼ですからね。

Twitter