今年1番面白いと何度も書いているNEVER6人。
新日本プロレスの毛色的に6人タッグがここまで盛り上がるとは...正直思っていませんでした。

NEVER6人は当初ファンから「全員チャンピオンにしたいだけ?」と言われていましたが、今ではこのベルトの価値たるや凄い高いところへ...

今回の後藤・石井・YOSHI-HASHIと鈴木みのる・タイチ・ザックも超がつく好勝負となりましたが、ここでまさかの「ボス鈴木みのるが敗戦」という結末。

鈴木みのるが負けたらタイチ軍に名前を変えろと言われていた鈴木みのるですが、ここでの敗戦はかなり厳しいですし・・・何より鈴木軍の中で最も目立っていないのが鈴木みのるということが明確になってしまいました。

そもそもここ数年は鈴木軍のタイチ・ザック・デスペラード・金丸への支持が大きく、鈴木軍ファンの中でも「ボス!」だけが好きな人と、「ボス以外が好きな人」に分かれてきていますが、ユニットとしてもファンとしてもそういう気持ちならこれはもうそろそろ動きが起こる時期なのかもしれません。

試合後に負けて退場する鈴木みのるをタイチが睨みつけていましたからね・・・

そしてその後はもう鈴木みのるは蚊帳の外。
タイチ・ザックと後藤・YOSHI-HASHIでのタッグ戦へのスタートのような光景も見られました。

また、勝利したYOSHI-HASHIは鈴木みのるに対してダメ出しとも言える発言。
時代が変わってきたなぁと思いましたが、これで鈴木みのるが黙っているとも思えません。
ただ・・・戦う機会があるとすればG1でしょうか?

まぁ長年のファンからすれば鈴木みのるがここでけちょんけちょんに若いのに舐められた時に、ついに一度は見てみたい永田・鈴木というタッグへの導線があるのではないかと期待してしまうのですが・・・ただ鈴木軍はこれまでも何度もキナ臭いことがあったが何も起こりませんし、時限爆弾の不発率ではナンバーワンのユニットですから(笑)何事もないかもしれません。

NEVER6人に挑戦を名乗り出たのはロスインゴの面々。

ここ最近BUSHIが決意を持ったような戦いを気合を見せていただけに、ここでそろそろ花開いてほしいものです。

もちろんヒロムとのタッグ王座、IWGPジュニアヘビー級の戦いにだって行ってほしいわけですがNEVER6人の価値が上がっているからこその行動でしょう。

内藤哲也・SANADAはタッグタイトル戦線もありますが、NEVER6人とIWGPタッグが近い距離感で動かせる今の方が圧倒的に面白いですね。

NEVER6人自体が面白いのにそこが1つ前哨戦の側面を持つというこの形の素晴らしさを新日本プロレスが気がついてやっていることを願います(笑)

コロナ禍で人数が少ないからって理由でしか見ていなかったら多分今後ファンが怒る時期が生まれると思います、それぐらいに面白いですから。

ところで、内藤哲也が辻陽太に対して正装&オカダカズチカが上村優也に対して餞別のドロップキックと粋なシーンがあったこの日ですが、この試合の後にタイチが辻陽太に握手をするというこれまで憎い粋なシーンがありました。

オカダカズチカ、内藤哲也、タイチ

この3人がIWGPを争っていてもおかしくないし、そういう時期が来ることを楽しみにしているんですけどね・・・

何が不安って真壁刀義のように「みんなの良い兄貴」感が出てくると、トップ戦線から一歩引いたポジションになるってことなんですよね(汗)

それがオカダカズチカ、内藤哲也、タイチから少し出てきているのが不安っちゃ不安で・・・

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter