飯伏幸太選手が欠場となり、スクランブル発進したのはエース棚橋弘至。
トラブル続きの東京ドームメインは鷹木信悟と棚橋弘至がIWGP世界ヘビー級王座を争うことになりました。

正直、棚橋弘至のコンディションがどうなのかと不安でしたし準備期間が数時間という状況では鷹木信悟の前に短期決戦で敗れるのではないかとすら思っていましたが...

結果的にはやはりエースはエースでしたし、新日本プロレスのメインイベンターというのは棚橋弘至なんだなと痛感する試合となりました。

圧倒的に勢いのある鷹木信悟に対して真っ向から勝負をし、場外へのハイフライフローや飯伏幸太の思いを乗せたカミゴェ、そして柴田がオカダに決めた時以上に迫力を感じた無鉄砲の極と名付けてよいであろうヘッドバッドを見せるなど1発1発の攻撃で鷹木信悟を応援していたファンの心を変えていったのではないかと思うほどの攻撃は棚橋弘至がなぜ棚橋弘至なのかを再確認できました...

しかし、それを上回ったのが鷹木信悟。
ダメージを負っても一切瞬発力もパワーも落ちることなく強烈な攻撃で棚橋弘至を攻め立てると、最後は太陽を担いでから沈めるかのようなラストオブザドラゴンで王座を防衛。

試合後、一度リングを振り返った棚橋の口は「もう1回」とつぶやいていたように見えました。
そしてリング上では「プロレスを選んでくれてありがとう」という鷹木信悟の歴史に残る名セリフも飛び出し、これは棚橋弘至ファンも含めてハッピーエンドで気持ちよく終わると思われましたが・・・

いや、思っていたファンの方が少なかったかもしれません。

KOPWでEVILが登場したなかった時点からSNSなどでは「これは試合後に暗転EVILパターンでは・・・」という声が多かったですし、鷹木信悟が試合後に「飯伏幸太が戻ってくるまで防衛する」という言葉を使ったことで「飯伏が戻るまで時間が結構かかるのか?ということはここでEVILが・・・」という思いが頭を過ぎった人も多かったことでしょう。

そして・・・

EVILファンの私でも「やめてくれーーー!!!」と叫んでしまった瞬間が訪れました。

なぜか字幕付きでモニターから挑戦表明したEVIL・・・

※もうこのTシャツ作っちまえよ。

そして、会場が暗転するとEVIL登場・・・

そして鷹木信悟を強襲。

静まり返る(まぁ声援だせないけど、ドン引きなのは伝わった)会場。

うーん・・・

NEVERのときにも書きましたけど、毎回「次回に続く」って必要でもないと思うんですよね。
シリーズの中で何かが起こるパターンでもいいじゃないですか。
開幕戦の楽しみってそこですし、開幕戦のカードから想像する楽しみがあったのがもともとの新日本プロレスじゃないですか。

毎度毎度こんなことしなくても・・・そして、これが凡戦の後にあればサプライズでプラマイゼロにできますけど、どういうわけか最近の新日本プロレスがこの手のを持ってくるのが素晴らしい名勝負でファンが満足して帰路についてプロレス仲間と語り合えるような試合の後ばかり(苦笑)

挙げ句、試合後にEVILがつい「オ●マ」というワードを使ってしまったので、このご時世的には外からチクチク言われる可能性も結構あるので(新日本プロレスの試合後の詳細からは削除されていますが)もう一気に素晴らしい興行にモヤモヤを纏った感じになってしまいました。

WWEを目指さなくても新日本プロレスは新日本プロレスとして世界を取れる選手層と試合の凄さがあるので、この辺りはもう少し考えてほしいところですね・・・

【プロレスグッズの穴場!ツクツク通販】
レスラーの使用済みコスチューム・チケット・Tシャツなど豊富に販売されています!
※検索で「プロレス」と入力すると・・・楽しい!
ツクツク通販 プロレスツクツク通販

Twitter