© 馬券家/起業家/ライター竹内裕也公式サイト All rights reserved.

20162/5

狂気と心地良さ 映画セッション

半端ない映画、セッション。

これは細かいことを言わずに見て感じてほしいですが
映画の中のセリフ「危険なのは、上出来(グッジョブ)という言葉だ」という
この言葉の意味と、そして最後10分間に起こる息を吸うことも忘れるぐらいの
展開、迫力、狂気、音、愛、これらが奏でるメロディは聴覚だけではなく
五感をあり得ないぐらい刺激する。

これは見ないと損。
そして「自分が何かになりたい時」に何度でも見るべき。


ランキング参加中です!ぜひ応援してくださいね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20168/28

テキーラ様

清水駅の近くにはテキーラ様と呼ばれる テキーラを飲み続ける男がいるんだ。 1杯、2杯、「まだこんなの地区予選っす」 3杯、4杯、「…

人生の2つのテーマ

腹を痛めて生んだ3冊目の本ミリオンダラー種牡馬が来週木曜日に発売されます。で、献本って言うんですか、本日一足先にその我が子が自宅に届きま…

20157/22

もうわからないんだけど

↑また同じメールがyoutubeから来ましたよ。 新規の削除があったんじゃなくてこちらの問い合わせに対して同じメールを送ってきたという…

ページ上部へ戻る