我が家はウサギ二羽と同居している。

オスはモコ、メスはキノコと命名されて
とても元気に毎日走り回っています。

ただ、ウサギはとても体が弱い生き物で
病気になることが多く、しかもそれを隠すので判別が難しい。

そんなこともあり何度も過去に冷や冷やしていますが
かかりつけの名医、さかい動物病院で治してもらって
元気をキープしているという生活をしています。

そんなウサギの大事件。

2012年にメスのキノコの尿に血が混じりました。
メスウサギとても子宮の病気になる率が高く
我が家の娘も子宮が悪く摘出することに。

100%ということは世の中に無いので
手術はとても心配でしたが、先生に託して待つことに。

手術後の姿はこんな感じで痛々しく
『死んでるんちゃうか?』と思ったぐらいです。

手術で怖いのは予後。

それは分かっていたので自宅で不安を抱えていると
先生からすぐにメールが。

恐る恐るメールを開いてみると・・・

「もう牧草食べてるよ!」

人間の何倍速で生きている動物たちは悪くなるのも早いが
回復力も早いとうことなのでしょう。

野生で生きていたら痛いとか辛いなんて言ってられないからね。

弱いウサギの強さを見習おうと思います。

スポンサーリンク

Twitter