今日はリアルタイムで試合が見れなかったので、情報を遮断して帰宅してからnjpwworldでニュージャパンカップ最終戦を観戦。
まず海野翔太VS八木哲大のヤングライオン同士の試合は、昭和の第一試合を思わせるぐらい熱く激しく、将来この2人が大舞台でシングルをするんだろうなぁと思いました。

タイチVSヤングライオン岡の試合はタイチのワンサイドゲーム、圧倒的に力量差のタイチの勝利。
恐らく近い内にNEVER路線に行くのではないかと思いますが、IWGPに絡んでも面白いと思うんですよね。
思い切ってG1で優勝!みたいな展開があってもいいと思うんですけど。

第三試合、ヘナーレ・エルガン・真壁VSファレ・高橋裕ニ郎・ロアの試合はいつも通りという感じ。
でもNJP1回戦で負けた高橋裕ニ郎がファンの多くから「もうトップ戦線に上がることはないだろうな」と思われた直後からとても元気で良い試合をしているのは何だか嬉しい。

矢野・石井VSスミス・ランスの試合は巨大外人2人とパワーファイター石井、そしてコミカルな矢野での最近よく見る試合展開。
試合後にランスがIWGPに挑戦する意志をマイクアピールしたけども「この相手に勝利して挑戦表明?」という感じでイマイチ乗れない展開。

フィンレー・ジュースVS後藤・YOSHI-HASHIの試合はジュースが現NEVER王者の後藤からピンを取り勝利。
これで後藤に挑戦する筆頭はジュースなのかなという感じですが、タイチや岡も狙っているでしょうし、柴田がしていた毎月NEVER防衛戦を後藤がやるという展開なら個人的には嬉しいかな。

ただ今の新日が猛烈に外人選手推しをしてきているので、ジュースが奪取して後藤・YOSHI-HASHIはIWGPタッグ戦線へ行くような気がします。じゃないともうYOSHI-HASHIはベルトが一生取れなくなりそうだし・・・。カルマ好きだから応援しているんですけどねぇ。

鈴木軍VSロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの試合はジュニアタッグ路線のヒロム・武士と金丸・デスペの絡みと試合後の3Kの登場でまたスリーウェイ戦なのかな?と。
ドームのシングルフォーウェイが素晴らしすぎただけにあまりタッグのスリーウェイは見たくないというのが本音。
格落ちさせないために使われることが多い試合形式ですけど、そこまでハマった試合を見たことがないので。

鈴木みのると内藤哲也の絡みがまた激しくありましたが、これも先をどう想像しても不安しかない。
そもそも鈴木みのるが保持しているインターコンチネンタルのベルトは内藤が王者時代に「こんなクソベルト!」的な扱いで蹴る殴る叩きつけると破壊したベルト。
「内藤哲也の方がベルトより上の存在」という表現のために使われたベルトなので、これに内藤が挑戦するというのもおかしな話し。

鈴木みのると内藤哲也のシングルを想像すれば、年を重ねる毎にコンディションが良くなり試合が面白い鈴木みのると今やカリスマでありプロレス界の中心である内藤哲也の試合は面白いであろうに決まっているのだけれど・・・

鈴木みのるが勝った場合「で?」となってしまうし、NJP1回戦負けの内藤哲也がまたシングルで負けたら「何だこの急激な下げは?」となってしまう。仮にも今年のドームのメインイベンターであり2年連続プロレスMVPの選手なのにです。
更にはクリス・ジェリコとのシナリオも残っているだけに、そこまで下げる意味がわからない。

逆に内藤哲也が勝った場合、あのインターコンチネンタルが戻ってくることになる。
あの当時の内藤哲也が価値を認めてないベルト、今さらに内藤哲也の価値が上がっているわけだから、今回は大切に王者としてベルトを扱うというのはおかしな話しなのでまた破壊するのか?と。
そしてその後に鈴木みのるがNEVER王座陥落の翌日よろしく今度はIWGPに挑戦なんてした日にはもう筋が通らないことになってしまう。

唯一、内藤哲也が勝利してインターコンチネンタルを返上・封印すればカッコイイけど、タイトル戦を増やしたい新日本の戦略であったり、万が一将来に中邑が復帰することがあればインターコンチネンタルは必要なのでそれはできないと思うんだよね。

なのでこの2人の絡みは・・・ファンは皆期待していた絡みなんだろうけど、絡む理由とかステージが他になかったのかな?と。

そしてメイン、棚橋とザックのNJC決勝戦。
この大会のために復帰してきた棚橋、優勝してオカダの連続防衛を阻止するのか!?
という流れかと思いきや、何とザックの勝利でオカダに挑戦が決定。

ザックは素晴らしい選手で関節技のオリジナリティのレベルが違う。
ただ・・・内藤哲也・飯伏幸太・SANADA・棚橋弘至を4タテして優勝というのはサプライズだったけど「なぜ!?」が強い。
誰か重要な外人選手が近々退団でもするから早急に外人のスターが必要だったのか?と不安すら感じてしまう。

さてこれも色々と不安で、両国のメインがオカダVSザックという冒険は少々怖い。
またトップをなぎ倒して圧倒したザックをオカダがあっさりレインメーカーで叩き潰したら、逆にオカダという素晴らしいプロレス界の宝を壊してしまう気がする。
どうもオカダの試合を見ていると、ストレスが溜まっているような声の出し方をしているし、ファンもオカダがツヨすぎてノレない状態が続いていてそれを本人も昨年から気にしてそうなコメントがあるので、見ていてとても心配になってしまう。

40分間、ザックの関節技に耐えたオカダがジャーマンからレインメーカーとかツームストンからレインメーカーで決まって「あー」となり、試合後に準優勝者の棚橋が出てきて「次は準優勝の俺だーーーー!」なんてなったらブーイングすら出そうな予感がする。

逆にザックが勝つ?
オカダの連続防衛を阻止するのがザック、、、ケニーも飯伏も後藤も鈴木みのるも柴田も勝てず、棚橋も遠ざかり、内藤もドームでまた負けたオカダにあっさりザックが勝利してIWGP王者に?しかもボスの鈴木みのるはインターコンチネンタルなのに?

・・・そこまでの冒険ってあるのだろうか。理由も見当たらない。

両国のメイン後、TAKAみちのくが「IWGPを巻いているのは誰ですかーーー!?ザックの相手は全てJUST!TAP!OUT!」で締めるとかありえるのだろうか?

仮にそうなった場合、オカダがリマッチして取り返すと今度こそ連続防衛を達成するためにまたそこから2年とかの防衛にならないだろうか?まさかそのためか?なんてことを思うと今夜は眠れそうにありません。

 

・・・でもここまでの団体になって世界的にもファンが増えている新日本プロレスがプラン無く動くことはありえない。何か驚くべきプランが用意されているんだろうなぁ。

Twitter

おすすめ記事