竹内裕也
スポンサーリンク

一応、本を書くという仕事や雑誌の連載をしていますし
ブログやメールマガジンを毎日書いていますから
仕事の大部分が書くことと言っても過言ではありません。

しかし、僕の場合は丁寧に文章を書こうと思ったことはないのです。

情報力はスピードが命ですから、丁寧に書いて遅れるよりも
速く書いて速く配信することの方が重要だと思っていますし
何より『伝わること』が最も大切なのですから、上手いだけで伝わらない文章では
それをビジネスにすることはできません。

セールスメール1通で商品が100個売れる
そんなことは文章の先生が完璧な日本語で書いても
できないということをライターは誰でも知っています。

もう1つは、丁寧に書いているだけだとキャラが出ないのです。

読み手は書き手の声も聞こえなければ顔も知らないことが多い。
それで文章が丁寧なだけであれば親近感は全く生まれません。

そこで私は『喋りながらそのまま書く』ということを心がけています。

それによって「竹内はこういうキャラだ」と認知されていきますし
親近感も持っていただけるわけです。

ロボットがやれないこと、つまり「生」「リアル」を出すことで
僕は竹内というキャラが伝わりましたし、その結果多くの方が
私の文章を読んでくれていると思います。

(メルマガ読者数13000名)

時間は誰しも限られていますからね。

Twitter